よくあるご質問

iNHERITOR について


iNHERITOR



iNHERITORは、FC98のどのモデルに相当しますか?

FC98の機種は、1985年2月販売開始の「FC-9801」から始まり、2003年4月現在までで、56機種販売されております。iNHERITORは、これら全機種の後継機となるべく、互換性の確保に努めております。しかしながら、本体だけでなく、周辺機器や拡張ボード、使用するソフトウェアの組み合わせで動作する/しないが決定しますので、完全に互換性のある機種名をあげることはできません。
  そのため、当社では評価機の無償貸出しを実施しております。ご購入前にお客様の環境・アプリケーションで実際に動作を確認をしてただくことで、安心してご購入いただけます。

↑ ページTOPへ


購入前の評価段階で問題が発生した場合は、どうなりますか?

お客様の評価結果に基づき、当社にて障害原因の調査・検討を行い、解決策をご提案いたします。必要に応じて、ソフトウェアのカスタマイズ等の開発作業も承ります。

↑ ページTOPへ


動作が確認されているOSは何ですか?

当社にて動作確認済みOSは以下の通りです。

  • MS-DOS Ver3.3C、Ver3.3D、Ver5.1、Ver6.2
  • ELX-86Mi、ELX-286i

その他のOSに関してはお問い合わせください。なお、Windows系のソフトウェアは動作いたしませんので、あらかじめご了解ください。

↑ ページTOPへ


DISK-BASICは動作しますか?

DISK-BASICはサポートしておりません。MS-DOS 版のN88-BASICに変更していただく必要があります。
(FDベースのN88-BASICも同様です。)

↑ ページTOPへ


動作しない拡張ボードはありますか?

10年前の拡張ボードでは、I/Oリカバリタイムが必要なハードウェアがあります。このようなハードウェアをソフトウェアの改修をせずに、iNHERITORでご使用いただくと、動作不良が発生することがあります。このような問題を避けるために、切り替え前のマシンがCPUが386でクロックが16MHz前後の場合には、事前にご使用になる拡張ボードの種別をお知らせください。

↑ ページTOPへ


FC98と基本的に異なる部分を教えてください。

iNHERITORはDMAのアクセス空間が1M空間です。またDMAチャンネル1をメモリリフレッシュに使用しております。FDのモータ制御、取り出し検出のハード機構もDOS/V機と同等です。グラフィックは、GDCのエミュレーションを行っておりますが、完全互換ではありません。EGCの機能は搭載しておりません。

↑ ページTOPへ


TurboCでは動作しますか?

TurboCでシリアル通信のBIOSを使用した関数は動作いたしません。必要な場合は、TurboC固有のライブラリで直接制御してください。

↑ ページTOPへ


外付けの3.5インチFDユニットは入手できますか?

現在、専用の外付けユニットを開発中です。組込み用途で外付けのFDユニットが必要なお客様は、別途お問い合わせ下さい。

↑ ページTOPへ


98対応の周辺機器は入手できますか?

周辺機器については、基本的に当社での製造は行わず、推奨製品を転売しております。お客様が必要に応じて調査しご提供いたしますが、入手困難な場合には、当社にて製造することもあります。詳細はお問い合わせください。

↑ ページTOPへ


98モニタ(NEC製CRT)は使用できますか?

iNHERITORは、VGAモニタと98モニタの両方に対応しており、 ジャンパで変更が可能です。なお、 標準品はVGAモニタ(水平周波数 31.25kHz)対応となっております。

↑ ページTOPへ


PC98からの移植で問題が発生した場合はどうなりますか?

DOS/V機への移植やお客様のソフトウェアのカスタマイズ等に関してのご相談を承っております。詳細はお問い合わせください。

↑ ページTOPへ