会社情報

社長あいさつ

 新たなスタートに向けて

代表取締役社長 朝倉 尉

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社は、2017年4月に創立40周年を迎えます。これもひとえに、お客様・株主様をはじめとする多くの皆様のご支援の賜物と深く感謝しております。
 当社は、1977年の設立当初より組込システム、特に通信技術にまつわるミドルウェア製品や開発業務を提供し、
ネットワーク社会の発展に貢献してまいりました。
 近年、ネットワーク社会の発展は目覚ましいものがあり、IoT(モノのインターネット)に代表されるように、
あらゆるモノがネットワークにつながり、連動して機能する社会となっております。ネットワーク社会の発展に伴い、
当社の『つなぐ・ながす』通信技術は、一段と必要性が高まっております。
 当社の技術・製品に対する期待や必要性が高まる中、売上高20億円・営業利益率10%を実現するという中期目標を
掲げ、役員・社員が一枚岩となって業績の拡大に取組むチャレンジを始めております。

 具体的には、これまで多くのお客様にご評価・ご愛顧をいただいてきたミドルウェア製品を中心とする既存ビジネスの更なる拡大です。
監視カメラシステムに代表される「IPセキュリティ分野」やIoT技術の普及に伴い、進化する「ホームネットワーク分野・クラウドシステムとの連携」、
更に「車載通信分野」における次世代ネットワーク技術などに向けて、新しい技術・製品を投入し、ビジネスの拡大を図ってまいります。
 2つ目の取組は、技術応用によるビジネスの拡大です。当社は「FAネットワーク分野」において、監視システムのネットワークとFA制御の
ネットワークの連携(ゲートウェイ)という、全く新しいソリューションを提唱し、ミドルウェア製品を応用した技術開発を行ってまいりました。
当社の提唱するソリューションに、ご賛同いただいた多くのパートナー企業様のご協力もあり、ゲートウェイ・ソリューションを実現する製品も
拡充されております。本年度よりお客様での本格的な利用開始を見込んでおり、早期に業績へ貢献できるよう、ビジネスの普及と拡大を図って
まいります。

 創立40周年という節目を新たな成長のスタートとするべく、引き続きチャレンジをしてまいります。
 技術・製品の開発を通じて、企業価値を向上させ、皆様のご期待に沿えるよう、不断の努力を重ねてまいりますので、今後とも一層のご支援を
賜りますよう、お願い申し上げます。

2016年6月

代表取締役社長   朝倉 尉